雅人ママの大きくて小さな日常

4人家族の記録

SNSともブログとも講演用の原稿とも違う文章作り。

あえて傷つける言葉を選び、傷つく言葉を選ぶ。なぜならその方がわかりやすいから、伝わりやすいから。

何日かそんなものを作成していたら、寝ても覚めても頭がそのことばかり。

無事に読み上げることができるのだろうか。

傷つけあいはいつ終わるのだろか。


腐った心だからかけるんだろうな、あんなこと。





スポンサーサイト


丸岡優しいあかりチラシs  

日本一短い手紙「明日」とコラボレーション
絵本「優しいあかりにつつまれて」原画展  
~ふたつの震災を経験したふたりのママが子ども達に贈る絵本~
文・たかいちづ たけざわさおり
絵・ひらたゆうこ ひらたひさこ

開催期間:3月3日(金)~30日(木)
会場:一筆啓上 日本一短い手紙の館 企画展示室
それぞれの「明日」。
絵本の絵を手掛けたユウとヒサによる
絵本の原画展と短い手紙のコラボレーション。
ご来場お待ちしています。



会場:一筆啓上 日本一短い手紙の館 企画展示室

〒910-0231 福井県坂井市丸岡町霞町3-10-1(交通アクセス)

開催時間:午前9時~午後5時

入館料
個人
大人(高校生以上)200円
小人(中学生) 100円
小学生以下 無料

団体(30名以上)
大人160円
小人 80円
小学生以下 無料

お問い合わせ:0776-67-5100



関連記事



雅人のお顔とお手紙を書いてくれた。
雅人お兄ちゃんへの一言は、娘が考えて考えて決めた一言。


自分の本音は爆弾か、毒か、もし本音を言いたい放題言えば目の前の人を傷つける。
でももし傷つけたとしても、私よりは傷ついていないでしょ。なんて、思ってしまいそう。

しんだといないは違う。
そんな気持ちを記事にしてくれた人もいたな。
雅人がいない
母がいない
父がしんだ
祖母がしんだ
何か違うだろうか
その時の私には大きく違っていたんだ

今はもうどちらでもいい
自分や、こんな自分のそばにいてくれる人たちさえわかってくれていれば

傷ついて
えぐられて
血が流れて
でもそれは見えなくて
痛さもわからなくなるほどマヒして

それが慣れるということ

そういうことがわかるようになるくらい、時間だけは過ぎたということ



会いたいでも
会えないでもない

あえる



娘の命の輝きは強い








関連記事
posted at 09:28 | 4人家族の記録

crown 最新記事
crown リンク
crown カテゴリ

crown プロフィール

雅人ママ

Author:雅人ママ
2015/8 ブログ模様替えしました。
これからは4人家族の日々を記録していきたいと思います。

2014/1/13 雅人と娘に贈る絵本「優しいあかりにつつまれて」を自費出版しました。詳しくはリンク先の「オフィス優しいあかり」をご覧くださいませ。

2011/3/11 両親・祖母・最愛の息子の雅人と会えなくなりました。
父は見つかり祖母はDNA鑑定で見つかりましたが母と息子の雅人はまだ行方不明です。つむぎの会代表の田中さんに出会い、悲しみは愛だとわかり愛という名の悲しみとありがとうと共に生きています。
雅人に会えるその日まで悲しみの中にも咲いてくれるありがとうの花をたくさん集めて、大きな花束にして雅人にプレゼントします。

※ブログの無断リンクや内容の無断転載はお断りです。一言お声掛けください。
ご用の方はリンク先の雅人のとうちゃんまでご連絡ください。

crown ご縁